NISHIKIE no.581

相転移する喜多川月麿『 NISHIKIE no.581 』
大川 ひろし(2014.12.21)作
原作: 喜多川 月麿「もう一本でも入るぞ」
新染無類(しんせんむるい)会度睦裸咲(えどむらさき) 半紙本二冊 文化期(1804〜1818)頃刊

喜多川 月麿 きたがわ つきまろ(生没年不詳)江戸時代後期の浮世絵師
喜多川歌麿の門人。姓は小川、名は潤。寛政-文化(1789~1818)のころに活動。初め菊麿または喜久麿,のち月麿と改名。
文化元年に師である歌麿とともに手鎖に処せられる。錦絵より草双紙の挿絵や肉筆美人画に手腕を発揮し、特に十返舎一九とは関係が深かったらしく、一九の作品でしばしば挿絵を担当している。
作品は、月麿落款の頃は師の歌麿の晩年の画風を追うものが多い。文化期以降は葛飾北斎風となり、観雪と号して後は浮世絵の製作からは離れたといわれているが、「観雪」と落款した肉筆美人画が残っており、渓斎英泉風と画風が変化している。ただしその描写や画題には上方の四条派などの影響も認められ、上方の地において絵の修行をしていた可能性が指摘されている。
肉筆美人画の代表作として「姫君図」「仕掛をなおす花魁図」「美人図」などがある。


NISHIKIEのある室内1 相転移する浮世絵『NISHIKIE』のある風景

 ※画像はイメージです


ジークレー版画とは
フランス語で「吹き付けて色を付ける」という意味で、リトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げる技法です。
近年、最も原作に忠実な表現ができる技法として注目され使用されており、超高密度デジタル出力の総称として使われています。
具体的には、デジタルデータを上質なキャンバスや版画用紙、高級写真用紙や和紙など、最高級の素材に、高精細で広色域、しかも150〜250年規模の高い保存性を誇る、ミュージアム・クオリティのプリントを施します。
ジークレー版画は、リトグラフ、シルクスクリーンに続く、現代アーティストのための新たな表現技法です。

商品仕様
額装サイズ版画面サイズ:H410×W280mm(固定)
版画紙サイズ:H483×W329mm
額縁外サイズ:H573×W419×D13mm
黒マット中抜サイズ:H463×W309mm
仕様は原画の縦横比率にかかわらず、統一規格となります。

※画像はイメージです


額縁クローズアップ画像 額縁クローズアップ
 額縁
 ・木製(黒色)フレーム幅22
 ・黒マット
 ・ガラス板付き
 版画紙
 ・竹和紙250g/m2(超厚口)
 ジークレー版画 和紙出力仕様
 ・艶消し(モニタ表示より彩度は低下します)

 ※画像はイメージです


付属品一式
 付属品一式
 ・参照資料 浮世絵原画写真(2Lサイズ)1枚
 ・作品覚書 A4紙二つ折り
 ・封筒

 ※画像はイメージです


商品一式 商品一式
 ・相転移する浮世絵「NISHIKIE」ジークレー版画
 ・額縁
 ・紐
 ・参照資料 浮世絵原画写真(2Lサイズ)1枚
 ・作品覚書 A4紙二つ折り
 ・封筒

 ※画像はイメージです



NISHIKIEのある室内2
※画像はイメージです
型番 0581
販売価格
30,000円(内税)
購入数